呉YWCAの建物について


 


 呉YWCAの建物は、戦時中は日本海軍の倉庫、戦後は進駐軍の将校が使用しており、占領軍引き上げとともに、当時の女性たちが資金づくりに奔走し、購入しました。

 そして財政的基盤を確立するため、この建物で英会話教室、絵画教室、ホステルなどを運営するとともに、ボランティア運動の先駆けとなった点訳グループや、リサイクル運動(蚤の市)などが 35年前にすでに始まり、現在もその活動が続いています。

 また、子どもたちが学び、集い、多様な体験をする場として、不登校児のためのフリースペースや野外活動などのレクリエーションを提供してきまた。

 呉の町の中で、 65年変わらない姿で存在しています。

【ポートレート】



※建物についてのポイント、呉YWCA周辺マップは近畿大学の寺川ゼミの学生が作成したものです。

ダウンロード
近畿大学寺川ゼミ学生作成 圧縮版.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 466.2 KB