パレスチナ・ガザを忘れないで

 全国一斉サイレントアピールの呼びかけ

イスラエルによるガザ大侵攻からまもなく1年が経ちます。あの大侵攻によって、1300人以上のパレスチナ人が死亡し(うち子どもが3分の1)、5300人以上が負傷、10万人が家屋倒壊の被害を受けました。

 

その後のガザでは、イスラエルによる恒常的な封鎖によって物資は入らず、多くの家屋は元より学校や病院さえ、再建作業はほとんど進展していません。窓にはガラスがないまま、寒い冬が始まりました。毎日8時間の停電が続き、燃料不足も深刻です。仮に物資が密輸されても、買える人は少数で、食料も十分ではありません。下水処理もままならない劣悪な環境です。ガザの状況は、現在も一向によくなっていません。

 

昨年はパレスチナYWCAからの呼びかけに応えて、ガザ侵攻に抗議する全国サイレントアピールを行いました。今年も全国で一斉にサイレントアピールを行い、パレスチナへの連帯やガザ侵攻に対する抗議を目に見えるかたちで発信し、日本からパレスチナにエールを届けましょう!

 

大阪YWCA国際部では、201017日(木)18001900、ガザを忘れないためのサイレントアピールを開催します。「ウチでもやります!」という地域YWCA(各委員会や個人・グループ問わず)は、決定後早目に日時を下記までご連絡ください。(※1月7日近辺であれば、同日・同時刻でなくてもかまいません。)まとめてパレスチナYWCAに伝えたいと思います。

 

パレスチナの平和を祈念して、

ぜひ全国一斉のサイレントアピールを行いましょう!

 

呼びかけ:大阪YWCA国際部委員会、佐治雅子(神戸YWCA)、

       藤原玲子(静岡YWCA)、寺嶋公子(東京YWCA

 

 


サイレントアピールに関する連絡先

大阪YWCA

大阪市北区神山町11-12 ℡06-6361-0838 fax06-6361-2997

-mail miyazakiyu@osaka.ywca.or.jp (担当:宮崎)